トップ > 借換え > 借り換えとは
借換え

借り換えとは

今考える借り換え

住宅ローンは金利差が1%あるだけで年間何十万円という差がでます。

ということは,今現在よりも金利が低い住宅ローンに借り換えた場合,月々の返済額を少なくすることができるのです。

一般的に,住宅ローン残高が1,000万円以上,借入れの残存期間が10年以上,金利差1%以上の場合にメリットが出てくるといわれています。しかし,住宅ローンを借り換えるということは新しく住宅ローンを組むことと同じなので印紙税や各種手数料,登記費用などの諸費用がかかります。諸費用との兼ね合いも検討する必要があります。最近では住宅ローンの借り換えをする顧客を得る為に,様々なメリットをつけるという金融機関同士の競争が激化しています

住宅ローンを見直すことで,老後のための資金や,教育資金をつくることができるかもしれません。

借り換えとは?

借り換えとは,別の住宅ローンを新たに借り入れて,今借り入れをしている住宅ローンを一括返済することです。

手間と時間と諸費用をかけて借り換えをするからにはもちろん何かしらのメリットがなければ意味がありません。

何のために借り換えをするのか,どんな住宅ローンに借り換えすべきなのか目的を明確にすることが重要になります。

当面の月々の返済額を減らしたい場合

現在より金利が低い住宅ローンに借り換える
支払い期間を延長する

将来の金利上昇リスクに備えたい

現在が変動金利や短期固定の場合,長期固定へ

繰り上げ返済の利便性を重視したい

繰り上げ返済にかかる手数料や,最低金額などを確認する

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

 
ページの先頭へ