トップ > 借換え > メリット・デメリット
借換え

メリット・デメリット

メリット

自分の目的にあった借り換えができます。
たとえば,

  • これから3年間教育費がかかるので短期固定の低金利の住宅ローンに変更したい。
  • 子供ができて,妻がしばらく働けなくなるので,今より低金利で10年固定であれば,支払っていけそう
  • 変動金利のローンを組んでいるが,金利が低いこの時期に超長期固定の住宅ローンに変更したい
  • 繰り上げ返済をして,とにかく早く住宅ローンを返したい。そのために繰り上げ返済が簡単にできるローンにしたい

金利の低いローンに組み替えることで,総支払額が減少したり,毎月の返済負担が減少したりとその目的を達することができるのが最大のメリットです。

また現在は,3大疾病や8疾病保障が無料でついてくるなど,住宅ローンを変えると安心保障がついてくる場合もあります。

デメリット

借り換えは住宅ローンを新たに組むと同様に,当然に諸費用がかかります。諸費用の主な内訳は,保証料,抵当権抹消費用,登録免許税,司法書士手数料,融資手数料,印紙代等です。金額は,金融機関によってはもちろんのこと,保証料がかかる場合には借入金額や借入期間によっても変わる場合があります。

事務手数料の取扱によっても変わってきます。融資実行額の2%程度のところもありますし,金額が決まっていて一律である金融機関もあります。

保証会社に対する保証料がない場合で,およそ20〜30万が目安になります。

総支払額を減らす借り換えもありますが,月々の返済額を減らす方法として返済期間を延ばすと総支払額が増加します。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ