トップ > 任意売却 > 競売とは
任意売却

競売とは

不動産の売却方法で任意売却とよく比較される競売とはどのようなものなのでしょうか。任意売却は債務者や債権者,買受人が自由な意思に基づいて不動産の売買契約をしますが,競売の場合には,まったく異なります。住宅ローンの契約をしたときに債権者(銀行などの金融機関)は,ローンの支払いができなくなったときのための担保として,購入不動産などに抵当権(不動産の売却代金を優先して受け取ることができる権利)を設定しています。実際に債務者がローンの支払いができなくなったとき債権者は,この抵当権という権利に基づいて競売をすることになります。ここでいう競売は,民事執行法や民事執行規則等に基づく手続きのことで,債権者が裁判所に対して申立てをして,裁判所が競売の決定を下すこととなります。したがって,債務者や債権者,買受人などで自由に売却価格を決めたりすることができず,裁判に手続きをまかせることになります。

※正確には競売の場合,銀行などの抵当権者が裁判所に競売をするための手続きを申立てしますので,所有者である債務者が意図して選択することはできません。

競売に比べて任意売却の方が,一般的に高く売却することが可能となります。売主にとっては任意売却を選択した方が,メリットが多いのは確かです。

競売の流れ

競売手続が進むにつれ任意売却が難しくなってきます。少しでも担保不動産を高く売却するために早急な対応が必要となります。

競売手続の流れと任意売却へ移行の可能性

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ