トップ > 任意売却 > 手続きの流れ
任意売却

手続きの流れ

1.所有者の同意

担保不動産の所有者であるお客様の任意売却についてのご同意とご協力が必要となります。

2.状況確認

任意売却を検討するうえで,もっとも重要なことが現状を確認するということです。所有する不動産の状態を調査することも必要になりますが,資産の状況や住宅ローンの滞納状況,信販会社や消費者金融などからの借入れがあるかなど,税金の滞納状況なども一つひとつ確認する必要があります。裁判所から担保不動産競売開始決定などの書類が届いている場合は早急に手続きをすすめる必要があります。この段階で充分に聞取りをすることで任意売却の方向性を正確に判断することができるようになるのです。

※当社では任意売却の相談に関して料金をいただいておりませんので,電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

3.媒介契約

お客様のご状況を十分把握できたら,どのような選択をするべきか,具体的な提案をさせていただきます。不動産の売却は財産に大きく影響し,売買契約においては専門的な用語もでてきますので不明な点があれば,その都度ご質問ください。

充分にご理解ご納得いただけましたら媒介契約を締結し,任意売却の手続きに入ります。

4.不動産に関する調査

抵当不動産の調査にあたっては,実際に所在地に赴き現状を確認すると共に,権利関係を明確にするために登記事項証明書を徴求し利害関係人の存在を確認します。さらに,登記簿上からでは明らかにならない他の権利者がいないかなど,可能な限り調査を行う必要があります。

不動産に関する調査の後,もしくは同時に抵当不動産を査定する必要があります。購入時の査定価格も参考になりますが経年変化によって価格が下がることもあれば,増改築などしていることによって価格が上がることもあるからです。売却時において再度査定をすることで回収見込額をより正確に把握できるようになるのです。

5.利害関係人との交渉

銀行など金融機関に対する債権金額や他の権利関係も把握でき,抵当不動産の回収見込額が分かれば,売却予定価格や売却までの期間,売却代金の配分方法などについて話合いをします。任意売却においては売却価格や売却までの期間などに決まりがなく,自由に定めることができますが全員の同意が必要になりますので慎重に交渉を進める必要があります。なお,引越し費用を受けることができるかなど,売却代金で債務を全額弁済できる場合や債務が残る場合など売却後の手続きについてもこの時に債権者と交渉をすることになります。

6.販売活動

任意売却の方向性が決まったら販売活動を開始して不動産の購入者(買受人)を探します。買受人が見つかったら最終的な売却価格や売却代金の配分方法などを再度,話し合い調整することになります。

7.売買契約・抵当権解除

買受人が決まると,次にすべての債権者に抵当権の解除や競売申立てをされている状態であれば取下げを交渉して任意売却の承諾をもらいます。全員の同意(承諾)を得ることができれば抵当不動産の売買契約を締結することになります。

8.売却代金の決済,不動産の引き渡し

売買契約が成立したら,不動産の引き渡しや売却代金の回収,抵当権の解除の手続きを進めることになります。これらは原則として同時に履行し,抵当権者に対して売却代金から残債務の弁済をした後に抵当権の抹消登記手続に必要な書類の交付を受け,抵当権を解除します。

このように,債権者への返済,買受人へ不動産を引き渡し,他の利害関係人などに売却代金の分配をすることで任意売却が完了するのです。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ