トップ > リスケジュール > メリット・デメリット
リスケジュール

メリット・デメリット

メリット

メリットは,今を乗り切ることができます。

住宅を手放さず,現状の負担を軽減できることがメリットです。返済計画の変更ができれば,生活に困窮することもないですし,生活のためや返済のために新たな借入れをすることも防げます。

※家計収支,収入状況,他の借り入れによってリスケが認められないこともあります。

デメリット

反対にデメリット。リスケジュールは,その名の通り返済計画の変更であり,減額でも免除でもありません。債務の先送りであることをきちんと認識しておくことが必要です。

月々の返済額が減るということは,返済期間が延長されることがほとんどです。その場合,それに伴う利息や保証料が嵩み,総支払額は増加します。

また据置期間を設けた場合,据置期間が終わった後の月の返済額はリスケジュール前に比べ増加する可能性があります。給与が年齢によって必ず増加する会社に勤務しているから大丈夫と思われる場合もありますが,この経済情勢を考えると安易な決断は,傷を深くする可能性を孕んでいます。

将来の見通しをたて,シミュレーションを重ねた上で,実現可能なリスケジュールを行う必要があります。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

ページの先頭へ