トップ > 用語解説
用語解説

用語解説

※順序不同

オーバーローン

住宅ローンの借入残高が,不動産の価格を上回っている状態。つまり不動産を売却しても残債務が残る状態,もしくは残る部分のことをいいます。

期限の利益(きげんのりえき)

期限が到来しないことによって当事者が受ける利益(債務の履行の発生を延ばすことなど)を期限といい、その期限が到来しないことによって権利を失わない、債務を履行しなくてよい等の当事者が受ける利益を、期限の利益という。

期限の利益の喪失

契約で定められた滞納額分に達した場合、期限の利益を失います。そうすると,期限の利益を失い,一括請求された場合をいいます。

競売(けいばい・きょうばい)

不動産取引に関する競売とは,民事執行法などで定める競売のことをいい,販売を目的とした競りにより最もよい条件の入札者が落札することになります。(競売=オークション)

サービサー

債権回収専門の会社。金融機関などからの委託を受けて、債権回収を代行する会社のことをいいます。

差押え(さしおさえ)

一般的には民事執行法で定める差押えのことをいい,債権者の権利の実現のために,国が債務者に財産の処分を禁止することいいます。差押えされている状態では不動産を売却したりすることができなくなるのです。

ページの先頭へ

代位弁済(だいいべんさい)

第三者が債務者に代わり弁済した場合に、その弁済で消滅する債権・担保物権などが求償権の範囲で弁済者に移転することをいいます。

抵当権(ていとうけん)

債務の担保として提供した不動産等について、優先弁済を受ける担保物権をいいます。

連帯債務者(れんたいさいむしゃ)

複数の者がそれぞれ独立して全部を給付する義務を負うことになり、その中の一人が給付を実現すれば他の者も給付の義務を免れることになるのです。

連帯保証人(れんたいほしょうにん)

保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担することをいいます。普通の保証と違い、催告の抗弁権および検索の抗弁権はなく、債務者から請求があれば、連帯保証人は直ちに弁済の責任を負うことになる。この点から連帯保証は、普通の保証よりも担保性が強く,連帯保証人が弁済したときは主たる債務者に求償権を有することは、普通の保証と同じです。

代位弁済(だいいべんさい)

第三者が債務者に代わり弁済した場合に、その弁済で消滅する債権・担保物権などが求償権の範囲で弁済者に移転することをいいます。

抵当権(ていとうけん)

債務の担保として提供した不動産等について、優先弁済を受ける担保物権をいいます。

根抵当権(ねていとうけん)

一定の範囲内の不特定の債権を極度額の範囲内において担保するために不動産上に設定された担保物権のことをいいます。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

抹消登記手続(まっしょうとうきてつづき)

登記記録または登記簿上に現存する権利や登記事項が何らかの事情により消滅したか根本的に不存在だった場合において、それを登記記録等から削除して実体に合致させることである。

住宅金融支援機構(じゅうたくきんゆうしえんきこう)

住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人であり,住宅の建設や住宅の購入のための広報活動や,一部要件を充たす場合,直接に長期・固定・低利の住宅資金の貸付けを行っている機関です。

リースバック

不動産の所有者が、不動産を売却して売却代金を受領すると同時に、直ちに買主から売却した不動産を借りて継続的に利用する取引のことを言います。

ページの先頭へ

リスケジュール

銀行など金融機関への返済条件を変更してもらうことをいいます。金利の減免や期限の延長などがあります。

物上保証人(ぶつじょうほしょうにん)

自己の財産をもって他人の債務の担保に供した者をいい,一般に所有不動産に抵当権を設定して貸付けを受け,債務者がその弁済をすることになります。

債権者(さいけんしゃ)

ある者が特定の相手方に対して一定の行為(給付)をするよう要求できる権利を債権といい,要求できる者を債権者といいます。住宅ローンにおいては銀行などの金融機関が債権者にあたります。

債務者(さいむしゃ)

債権者の要求に対して一定の行為(給付)を履行する義務を負う者をいいます。

利害関係人(りがいかんけいにん)

特定の事実について法律上の利害を持つ者をいいます。その事実のいかんが既に有する自分の権利・義務に直接影響する立場の者をいい,不動産取引においては抵当権者や第三取得者など法律上の権利を主張できる者をいいます。

任意売却(にんいばいきゃく)

任意とは「自由な意思による」という意味で、思うままに任せることをいい,不動産の売却においては売主と買主とが自由に金額や明け渡しの時期などを話合いによって決めることができ,これを任意売却といいます。

売却基準価格(ばいきゃくきじゅんかかく)

売却基準価額とは、対象となる競売不動産を裁判所の評価人が現地を調査、また不動産登記簿謄本や権利関係を調査した上で裁判所が定めた、入札時の基準となる価額のことです。

買受可能価格(かいうけかのうかかく)

買受可能価格とは、「売却基準価格から2割を控除した金額」で裁判所が売却を許可する最低金額のことをいいます。

第三取得者

抵当権が付着している不動産を、抵当権が付着した状態のままで取得した者のこと。

株式会社H&W不動産コンサルティング 私たちは,「安心」「丁寧」「スピーディ」を追求します 任意売却ねっと
あきらめるのはまだ早い。一本の電話で道は開けます!03-5776-0565 9時から20時(平日)10時から19時(土・祝日)秘密厳守 相談無料 住宅ローンを延滞している・・・
保証会社から督促があった・・・
自宅が競売・差押えされた・・・

※任意売却は,引越先を確保するなど生活再建のための制度です。

HOMEへ戻る

借換え

リスケ

任意売却

こんなときQ&A

用語解説

費用について

当社のご案内

受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)

所在地 郵便番号1050001 東京都港区虎ノ門5丁目1-5 虎ノ門45MTビル3階

アクセスMAP

ページの先頭へ